Butterfly(バタフライ)の楽曲情報と歌詞の意味‐涙に羽根を与える力‐

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「Butterfly」(バタフライ)を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲の解説や歌詞の意味の考察、制作背景などについてご紹介します。「Butterfly」を聴く際に参考にして下さい。


参考資料
・ROCKIN`ON JAPAN 2016.3月号
・MUSICA 2016.2月号、3月号
・CUT 2016年3月号
・音楽 ナタリー

スポンサーリンク

Butterflyの楽曲情報

基本情報

バンプオブチキンのバタフライ

タイトルButterfly
発売日2016年2月10日
作詞作曲藤原基央
完成時期2015年春頃
収録アルバムButterflies(8th Album)
タイアップGoogleplay Music「BUMP OF CHICKEN篇」CMソング

BUMP OF CHICKENの「Butterfly」(バタフライ)はアルバム『Butterflies』に収録されている楽曲です。アルバムのリード曲であり、既発曲を除き最初に書かれた曲です。

アルバム『Butterflies』楽曲一覧へ

制作背景

EDMになった理由

EDM(electronic dance music)を感じるサウンドですが、最初からEDMにするつもりは全くなく、結果としてできたアレンジです。ちなみにrayもEDMです。

アレンジの流れは、まず指標としてキックの4つ打ちを入れておき、そこに相性の良い音を模索して少しづつ肉づけが行われていき、最終的にダンスミュージックのようなアッパーなサウンドになりました。

適した音を模索してたらああいうアゲアゲの音になりまして(笑)。最終的にああなっちゃった、って感じで

藤原基央
出典:ROCKIN`ON JAPAN 2016.03

メンバーそれぞれの感想

ノリの良い曲調になったのは、ライブの影響で「自然と共有度の高いものを求めているのかもしれない」と藤原は話しています。

ベースの直井は「グルーブが大事な曲」、ギターの増川は「グルーヴがちょっとでもズレたら曲の持っているムードが損なわれてしまう」、ドラムの升は「バンドでやってる強みが凄く出てる」とそれぞれコメントし、表面の電子的なサウンドの印象とは逆にとても肉体的なバンドの力が必要だったようです。

レコーディング

自分達のやりたい音を届けたい

バンプはこれまでもいろんなアレンジに挑戦してきました。新しい挑戦をする時に藤原は「リスナーの求める音はなにか?」と考える時があり、「このアレンジはBUMPとしてどうなのか?」と考える時もあるようです。

しかし最終的には、自分たちのやりたい音楽をリスナーは望んでいると信じてやっているそうです。

「今、これやりたいんだよね。バンドでこれすっげぇ流したいんだよね」っていうのをお客さんは聴きたいだろうし

藤原基央
出典:MUSICA 2014.02



アレンジはデモのまま

「Butterfly」は藤原とプロデューサーの二人でアレンジをしてデモテープを作りました。そのデモが他のメンバーの元に届き、本来ならそのデモのアレンジを一度崩して正しいアレンジを組み直すのですが、この曲に関してはデモのままでいいと3人の意見が一致しました。

しかし完成まで単純な道ではなく、いろんなことを試し、背水の陣で血眼でやって出来上がった曲だと直井は話しています。

コールドプレイのパクリ疑惑

この曲にはイギリスのロックバンドColdplay(コールドプレイ)の「A Sky Full of Stars」という楽曲のパクりではないかという疑惑も出ています。

BUMP OF CHICKENの書庫

Coldplay(コールドプレイ)というイギリスのロックバンドをご存知でしょうか? 日本をはじめ世界的に人気があり、ビー…



タイアップ

Googleplay MusicのCMソング

「Butterfly」は2016年3月16日に放送開始されたGoogleplay MusicのCM「BUMP OF CHICKEN篇」に使用されています。

CM放送当時はGoogleplay MusicでBUMP OF CHICKENの曲が独占配信されていました。

ButterflyのMV情報

監督東市篤憲(A4A)
撮影場所・ロケ地
出演BUMP OF CHICKEN
収録作品YouTubeで視聴可能

「Butterfly」のMVは「ray」と同じくA4Aの東市篤憲が監督を務めています。

床は鏡面で、天井に投影した映像が床にも写り込むという仕掛けになっており、その中でレーザー光線を乱反射させています。この映像にCGは一切使われていません。



Butterflyの歌詞の意味

編集中

Butterflyのライブ情報

ライブでの演奏

初披露日時2015/12/31 (木)
初披露ライブCOUNTDOWN JAPAN 15/16@幕張メッセ (千葉県)
演奏頻度
演奏されたライブ/ツアー

ライブ映像が収録されている作品

収録作品備考

BFLY
本編17曲目に収録。

PATHFINDER
初回限定盤のBONUS映像に収録。

COUNTDOWN JAPAN15/16で初披露

COUNTDOWN JAPAN15/16

「Butterfly」はアルバムの発売に先駆け、2015年12月31日の「COUNTDOWN JAPAN15/16」にて初披露されました。同時にこの日は紅白歌合戦に生中継で出演しており「ray」がお茶の間では披露されました。

藤原は紅白の司会をしていたV6の井ノ原快彦と話せたことが嬉しかったと話し、中継が終わると解放感のせいか藤原はいつになく饒舌になり話まくってしまったそうです。

BFLYファイナルの特別な演出

STADIUM TOUR 2016 “BFLY”のツアーファイナルの日産スタジアム公演では、アウトロが長く、最後に花火が上がるというスペシャルな演出がされました。

ツアーを締め括った打ち上げ花火/出典:Ro69

「Butterfly」アウトロのロングバージョンのアイデアはプロデューサーによるもので、「演奏の後はフリータイムで」とだけ伝え、後はメンバーに任せていたようです。

スポンサーリンク