【図解】「ユグドラシル」DVDの隠しトラックの出し方、見方

BUMP OF CHICKEN「ユグドラシル」のDVDはバンプ3枚目となるPV(ビデオクリップ)集です。

今回はアルバム曲が収録されていないのが残念ですが、ボリューム的にも見ごたえはあります。

アルバム歌詞カードの挿絵にあった「顔の無い馬」と少年の物語がメニュー画面に動画として入っていて静止画と違い味わいがあり、なんだか引き込まれてしまいます。

関連記事

BUMP OF CHICKENの隠しトラックの出し方と見方【PVビデオクリップ編】です。初期の作品にはVHS版がありますが、VHS版はそのまま再生すればシークレット映像が見れますので説明は割愛させて頂きます。この記事ではバン[…]

スポンサーリンク

収録曲

  1. オンリーロンリーグローリー
  2. 車輪の唄
  3. sailing day
  4. アルエ
  5. スノースマイル
  6. ロストマン

シークレット映像の出し方

隠し①

1.メニュー画面で50秒程待つ
2.asgard・midgardが流れる

どちらかと言うとメニュー画面の「顔のない動物」のストーリーの方が隠し映像と言えるかもしれません。

隠し②

1.メニュー画面から「DATA」を選択
2.すると収録曲の項目が出るので選択(どれでも良い)
3.PVの撮影地とメンバーのコメントの画面が出る
4.何も選ばずに30秒程待つ
5.すると不思議なことが起こります

 

6曲分あるので、試してみて下さい♪



顔のない馬のストーリー

ユグドラシルの木へ向かう様子が描かれていますが、この登場する少年は北欧神話のオーディンであると思われます。

「ユグドラシル/Yggdrasill」の由来は “Ygg’s horse” (恐るべき者の馬)とされていて、yggとはオーディンの異名の一つです。オーディンはユグドラシルの根本にある泉の水を飲むことで知恵を身につけます。

なのでオーディンが神になる経緯を表したストーリーであると思われます。

そして少年は旅の途中でお墓の上にあった動物の顔の骨を被ります、その姿はシャーマンそのものです。
シャーマンとは霊と交信する能力を持った人のことで、オーディンはシャーマンの主とも解釈されています。

そして少年はなぜかいっしょに旅をした「顔の無い馬」を殺して、最後に顔の骨を馬にはめてあげます。

このシーンがとても象徴的なのですが、顔の無かった馬の霊魂を帰る場所へ帰してあげたのか?
それとも「顔がない」=「名前がない」ことの比喩表現をしていて、最後に顔を与えたことで名前を与えたという意味にも解釈できそうです。

ユグドラシルもオーディンも北欧神話の話なので、この少年はオーディンのことと考えた方が納得できそうです。

ちなみに「顔のない動物」を馬だと解釈したのはオーディンの馬という意味だけでなくて、足に蹄があるからです。

スポンサーリンク