MORとは誰?BUMP OF CHICKENのプロデューサーについて

BUMP OF CHICKENのCDやDVDで「MOR」という表記を見たことがある人も多いと思います。この「MOR」とはバンプのプロデューサーを務める人のことですが、その多くは謎に包まれています。

この記事ではBUMP OF CHICKENのプロデューサー「MOR」ついて紹介していきます。

スポンサーリンク

プロデューサーMORについて

MORとは誰?

80年代のバンドSTAR FIXのボーカル森徹也

MORとは森徹也(もりてつや)のプロデューサー名です。歌詞カードにもローマ字で名前が表記されています。MORはMORI TETSUYAの名字部分から取ったようです。

森徹也氏は80年代にSTAR FIX(スターフィックス)という5人組バンドでボーカルを務め、横浜のライブハウスを中心にバンド活動をしておりました。

STAR FIX時代の森徹也氏

その後1988年にCD・レコードデビューをしましたが、売り上げが悪く解散してしまいました。

その後は相川七瀬などの作詞作曲などを担当し(初期の作品のみ)、その後トイズファクトリーへ入社しました。2004年頃に独立し、フリーのプロデューサー「MOR」としてバンプに就くようになったようです。

jupiterの制作スタッフ

アルバム『jupiter』の頃からバンプとは関りがあり、当時はトイズファクトリーの社員としてディレクターを務めていました。初期のころはメンバーから“ディレクター”と呼んでいましたが、COSMONAUT期頃からは“プロデューサー”と呼ぶようになっています。

BUMP OF CHICKENとMOR

バンプオブチキンとMORの関係

メンバーはプロデューサーのことを「BUMP OF CHICKENを一歩引いた場所で見ている」「いつも正しい意見をくれる」などと話しており、かなり厚い信頼があることがわかります。

バンプオブチキンとMOR氏は歳の差がおそらく10歳程度離れていますが、とても良好な関係を築いています。

余談ですが、ユグドラシル以前はあまりライブに顔を出さなかったそうです。理由は不明。

プロデューサーとしてのMOR

MOR氏はBUMP OF CHICKENの楽曲の方向性を決めたり、曲のアレンジのアイデアを出しています。バンプのほとんどの曲のアレンジは藤原基央とMORが考案したものです。

作詞作曲は藤原基央、編曲(アレンジ)はMOR、と言ったところでしょうか。

楽曲以外にも、ライブでの「ザイロバンド」「恥ずかし島」のアイデアを出したと言われています。

他にも、藤原がスランプの時にスタジオに誘ったり、COSMONAUT期には曲のお題を出したりしています。

プロデューサーのお題シリーズ
お題タイトル
四つ打ちの曲宇宙飛行士への手紙
桜の歌pinkie
ジャカジャンっていう曲(please)forgive
シングル曲分別奮闘記
シングル曲R.I.P.
ゴスペルangel fall
クリスマスソングMerry Christmas

藤原基央とMORの関係

藤原はプロデューサーを「親友」だと話しており、二人で東京タワーに遊びに行ったり、レコーディングの合間にペットショップに行ったりと、とても仲が良いことが伺えます。

「天体観測」の作詞の時に、藤原は箱根の旅館に缶詰め状態でしたが、プロデューサーは心配してわざわざ箱根まで迎えに来ました。その後、藤原は「天体観測」を完成されています。

作詞に9ヶ月もかかった「ロストマン」の時は、スランプだった藤原を心配したプロデューサ-が藤原宅に遊びにきたことがきっかけで誕生しており、MOR氏がいなかったら「ロストマン」はおろか、藤原基央の音楽人生も終わっていたかもしれません。

関連記事

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「ロストマン」を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲の解説や歌詞の意味、制作背景などについてご紹介します。「ロストマン」を聴く際に参考にして下さい。ア[…]

バンプオブチキンのロストマンのジャケット



MORのラッキーナンバー「66」

人形劇ギルドに登場する66ギルド

「人形劇ギルド」の作品内には“ギルド66”が登場しますが、これはMOR氏のラッキーナンバーである「66」から取ったものです。車のナンバーも「66」らしいです。

また「人形劇ギルド」の制作時にはある事件が起き、藤原のことを想ってプロデューサーが大泣きするという事態も起こりました。

関連記事

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の「人形劇ギルド」を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では映像作品の解説や、制作秘話などについてご紹介します。「人形劇ギルド」を観る際に参考にして下さい。[blo[…]

MORに贈られた「66号線」

「66号線」はアルバム『COSMONAUT』の収録曲です。これは藤原基央がプロデューサーのMORこと森徹也氏に贈った曲という説が濃厚です。

藤原は親友が泣いてる姿に居ても立っても居られず、曲を書きました。

これはある親友に向けて歌った唄なんですけど、その親友に縁の深い数字が「66」だから

出典 MUSICA 2011.1

まとめ

プロデューサーのMOR氏は決して表舞台には出なくとも、バンプオブチキンの陰の立役者としてなくてはならない存在です。

バンプに似た楽曲がないのもMOR氏のアレンジの才能のおかげだと思います。これからもBUMP OF CHICKENのメンバーとして活躍してほしいです。

スポンサーリンク