RADWIMPSの楽曲がBUMPに似てる?なぜそっくり問題が起きたのか?

RADWIMPS(ラッドウィンプス)の楽曲ははBUMP OF CHICKENに似ている、パクリバンドだとか騒がれていますが、なぜそういう風潮になったのか曲を通して考えたいと思います。

ラッドのこの曲はバンプのあの曲に似ていると言われている楽曲をまとめてみましたのでパクリなのかぜひご自身の耳で確かめてみて下さい。

よかったらこちらの記事も参照ください

関連記事

ロックバンドRADWIMPS(ラッドウィンプス)は映画「君の名は」とタイアップして主題歌の「前前前世」は爆発的なヒット曲になり日本中に彼らの存在を知らしめた。そんな大人気のラッドだがよく耳にする言葉がある、それは「ラッドって[…]

スポンサーリンク

RADWIMPSとBUMP OF CHICKENの曲を聴き比べてみる

「閉じた光」と「天体観測」

RADWIMPSの「閉じた光」は「RADWIMPS 3 〜無人島に持っていき忘れた一枚〜」に収録。

個人的にはどこが似ているのか全くわかりません。よく言われていることはイントロとサビが似ているそうです。

イントロについて全く賛同できませんが、サビの方は似ていると思いませんが強いて言えばテンポが似ていることでしょうか。

「閉じた光」の歌詞で

“あなたにナニカとどけたくて声だけ持って走りました”

「ナニカ」をカタカナ表記であることが天体観測の歌詞で「イマ」をカタカナで表記していることで表現方法が似ています。また曲のテーマも同じ星ですね。

「謎謎」と「彼女と星の椅子」

RADWIMPSのの「謎謎」は「アルトコロニーの定理」に収録。

BUMP OF CHICKENの「彼女と星の椅子」は「present from you」に収録。

イントロを聴いても全く似てない・・・と思いきやサビに入った瞬間にそっくりでした!!

ファンの私の耳でも両者とても似てます。

テンポと音程がほぼ同じなんでしょうね、しかしサウンドに関してはラッドらしい音です。

バンプのファンである野田洋次郎さんが無意識のうちに聴いたことがあるメロディを当てはめてしまったのかもしれません。

「携帯電話」と「車輪の唄」

RADWIMPSの「携帯電話」は「絶体絶命」に収録。

私が初めてラッドとバンプが似ていると聞いて知ったのがこの曲です。ネットでもパクリ疑惑で騒がれていました。

うーん、似てると言えば似てる気もしますが歌い方と曲の雰囲気ですかね・・・

ラッドがバンプに似ているという風潮から、似ている部分を探そうとしているとだけな感じがします。



「グラウンドゼロ」と「銀河鉄道」

RADWIMPSの「グラウンドゼロ」は「絶体絶命」に収録。

BUMP OF CHICKENの「銀河鉄道」は「present from you」に収録。

全く似てません。これでなぜパクリ疑惑が出るのか謎です。唯一歌詞で「時速〇〇㎞」という部分がかぶっているだけです。

「学芸会」と「乗車券」

RADWIMPSの「学芸会」は「絶体絶命」に収録。

BUMP OF CHICKENの「乗車券」は「ユグドラシル」収録。この曲は他にも「おしゃかさま」にも似ていると言われたりしています。

似てなくはないですが、なんというか緊迫した感じか焦りを感じる曲調が似ている気もします。
歌詞についても

「望んでなどいない」、「道あけな」、「違いなどないって?んなわけないって」と言い回しが似ていることと物語調であることも似ていると感じてしまう原因かもしれまん。

ラッドとバンプを聴き比べてみて

こんな感じでラッドとバンプの似ている曲を紹介しましたがどうでしたか?

個人的にはこれくらいの似ている具合ならよくありそうだなと思いました。
ただ「謎謎」と「彼女と星の椅子」はほんとに似ていましたね・・・私もはじめて聴いたので驚きました。

前回の記事でも書きましたがRADWIMPSの野田洋次郎さんはBUMP OF CHICKENのファンであるので、無意識に歌詞や雰囲気が恩師に似てしまうのは当然と言えば当然のことです。

仮に似ていたとしてもたったの数曲です、他の曲を聴けばいかにラッドが独自性があり素晴らしいバンドであるかわかると思います。もしその独自性が評価されてなかったらバンプと同じロキノンに掲載されるわけありませんからね。

どうしても同じに聴こえてしまうのは仕方ないですが、もし他の曲をあまり知らないのであれば一度聴いてみることをオススメします(^^)

スポンサーリンク