『ゼロ』歌詞解釈~瞳の色は夜の色 透明な空と同じ黒の意味~

前回の『ゼロ』歌詞解釈~ゼロの歌詞に込められた意味~の続きです。

BUMP OF CHICKENの「ゼロ」、今回はずっとわからなかった
『瞳の色は夜の色 透明な空と同じ黒』の部分を掘り下げて考察していこうと思います。

※この曲には新しくまとめた記事があります

関連記事

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「ゼロ」を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲の解説や歌詞の意味、制作背景、MV情報などについてご紹介します。「ゼロ」を聴く際に参考にして下さい。[…]

スポンサーリンク

透明な空と同じ黒ってなんのこと?

みなさんはここから何を想像するでしょうか?
私は最初、「透明なの?黒なの?どっちなの?」みたいな感じでした。

でもよく歌詞を見ると最後に「黒」と言ってるので文章的にも色は結局のところ「黒」ですね。

そして「透明」です。透明ってことは透き通っている、何も無いような空っぽの状態にも感じられます。
「瞳は透明で黒の状態」

これではまだ意味不明です。
ちょっと話を変えます。

たぶんほとんどの人は月の光は太陽の光を反射して輝いているということも知っていると思います。

“なぜ月に届くまでの太陽の光は見えないのか?”

と思ったことはないでしょうか?

これは調べるとすぐにわかることなのですが光は波の性質と粒(粒子)の性質の両方持っているのです

波は普段私たちが見えている光の状態です。
そして粒で丸い状態は光が真空にあるときの状態です。

光は真空(粒)だと輝かなくなってしまうのです。

しかし例えば真空状態のものを間において真空状態の向こう側にある空き缶でもなんでもいいですが物を光で照らそうとすると空き缶(物)は光ります。つまりこれは粒の状態でも光は伝わるということです。

ちなみに音は真空中では伝わりません。これは空気を媒体として音を伝えているためです。
真空(正確には真空に近い)状態の宇宙では光は粒です。だから見えません。

でも真空中でも光は伝わるので月に太陽の光は届きます。

“瞳の色は夜の色 透明な空と同じ黒”はこのことを言っているのだと思います。

夜の色、そして空とも言ってますから夜空の黒と同じ色。
夜空の色は簡単に言ってしまえば「宇宙の色」ですよね。

そして透明。これは先ほどの光の粒の話、宇宙の真空中では光は粒になってます。粒になっていても触れませんから人の目から見たら透明。
瞳は丸い粒子を藤君なりに言い換えた比喩表現だと思います。

つまり瞳の色は夜の色 透明な空と同じ黒と言うのは宇宙の真空中にある光の粒子のことです。そしてこの光は地球にも届きます。

《MEMO》
①瞳→丸い光の粒子
②夜の色→宇宙の色
③透明な空→宇宙では光らない光の粒子
④黒→宇宙の色



魂の正体とは

それではまた光の話をしたいと思います。
あらかじめ言っておきます、私は「魂の正体は光」だと思っています。

それもふまえて説明していきます。
光の動力、光が秒速30万㎞の速さで進むのはどうしてなのか?

これはブラックホールが関係していると思います。ブラックホールは銀河の中心あります。
光は質量ゼロなので純粋にブラックホールの重力を受けやすいのです。

そして真空中で粒子が移動できる理由、これは重力だと思います。質量のあるものは重力を持ちますから真空を間に挟んで物質に光を照らす時、真空中で粒子になりながらも真空の向こう側にある物質の重力(地球上なら地球の重力にも)に引き寄せられます。

もしかしたテレポートしれるかもしれません、というのも人間は速度などを距離から導き出してるからです。
真空を抜けて光が届いたから真空内を移動したと認識しますが、テレポートした可能性もないわけではありません。

少し観点を変えてみます。

もし宇宙空間に光しか存在しなかったとしたらどうなるでしょう?

真空状態なので粒子の状態です。粒子は輝きません、つまり真っ暗。
さらに補足ですが、粒子の特性として観測されるまで2つで1セットという特性があります。
粒子は2つあって片方が観測されると二つは一つになります。

これを量子テレポーテーションといいます、詳しくはwikiとかで調べてください。

そもそも光しかないってことは誰も見る人(観測者)がいないってことなので光ってても光ってなくてもどっちにしてもわかりません。
それではこの光だけの空間に一つの星があったらどうなるでしょう。そこには重力が発生しますから光がその星を目がけて輝きだします。

このことを綺麗な表現をすると“光は輝かせたいモノを輝かせる為に輝く”ということになります。

魂は心臓に宿る?

心臓の話をします。

名前のとおり心の臓器、英語では心臓も心も『heart』です。
私は以前なにかの記事で見たのですが心臓は血液を送り出すポンプ運動の際に真空状態になるそうです。

つまりそれは私たちの“心臓には光の粒子がある”ということになります。

みなさん経験したことがある人はいるのではないでしょうか?心臓の中に何かあるということ。
それからキリスト教?には7つの大罪というものがあり、同時にそれが人間らしさでもあります。
光は虹でもあります。虹は7色・・・

7つの大罪というのは光の粒子が人間に宿った副作用みたいなものなではないでしょうか?思いつきで書いてみました^^;

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけてもうひとつ落っこちた
ひとつ分の陽だまりに ひとつだけ残ってる

心臓が始まった時 嫌でも人は場所を取る
奪われない様に 守り続けてる

/BUMP OF CHICKEN カルマ



終わりがあるから手に入れられる

人間は唯一死ぬことを知っている生き物です、つまり時間を認識する能力を持っているのです。
人間は生きてる限り時間を切り離して考えることができません。時間を認識しているということは死ぬことや物事が終わったり壊れたりすることを知っているということです。

人間は“終わり”を知っているから強くなれるのです。

藤君もなにかで言ってましたが

『終わりがあるから手に入れられる』

他の動物と人間を比べてみるとわかると思います。

個人的にわかりやすいと思うのが筋トレをする動物はいないってことです(笑)
先のことがわからなければ強くなる必要はないですからね。

全てを知るもの

また光に話を戻します。
光は永遠、無限です、切っても切れない、触れられないし死にません。

そんな無限を持っているので人間は有限を感知できるのではないでしょうか?
他の動物にも同じことをいえますが人間はその能力に特化しているということ。

これはゼロの歌詞の中にもあります

“速すぎる世界で はぐれないように”

これは人間の世界は時間があるという意味に捉えられます。

光は思念の塊だと私は考えます。

宇宙の始まりは粒子同士の衝突とかも言われてますし、そもそも動いているので意志があると考えます。
全宇宙を包括する光。光は一つなのでその中に生まれたたくさんの想いはどこからどこまでが自分なのかわからない、そんな想いに名前がほしかったのではないでしょうか?

私たち人間も一人の中にたくさんの想いがあります。旅行したい、おいしいもの食べたい、ゲームしたいなどいろいろあります。考えてるだけじゃ周りの人は何もわかりませんから、それらを行動に移して初めて名前になります。

光は全てを包括しているから一つ一つの想いにふさわしい生き物がわかる。だから宇宙の最果てから照らしている。

“配られた地図がとても正しく どこかへ体を運んでいく”

“終わりまであなたといたい それ以外確かな思いが無い”

人の体に光が宿ると言うことは宇宙空間に広がる光、“全”から離れるわけですから“個”になるわけです
つまり個になった光だけでは何故その体に宿ったかわからないんです、知っているのは全の光。

だからそれ以外確かな思いが無いと言っているのです。

では全の光の想いを実現するにはどうしたらいいのか?

それはとても簡単で夢を叶える、自分のやりたいことをやる、信じれる道を進めばいいんです、この時世界はいろんな形でこれらの実現の為に力を貸してくれます←これは別な考えからわかることなんですがこれを説明するとおそろしく長い文章になるので、このことは世界の真理、または摂理とでも言っておきます。

真理の法則はけっこう多くの人が知ってるみたいです。この世界は2つで1つってことを深くまで考えるとわかるかもしれません。

ロンリーグローリー 最果てから声がする
選ばれなかった名前を 呼び続けてる光がある

選ばれなかったなら 選びにいけ ただひとつの栄光

/オンリーロンリーグローリー

必ず僕らは出会うだろう 同じ鼓動の音を目印にして

/カルマ

皆 会いたい人がいる 皆 待っている人がいる

/花の名

なぜ惹かれあうのか?

ゼロの歌詞は1番の歌詞が魂のパート、2番の歌詞が人間のパートという構成になってます。

2番から入るドラムは人間の鼓動の音を表していると思います。それから藤君の歌い方が1番はやさしく歌っているのに対して2番は力強く唄っています。

余談ですがブラックホールは地球でさえ吸い込んでいると思ってます。地球が廻っていることを自覚できないように全てがいっしょに吸い込まれているからしかもゆっくりだから気付けない。

そしてブラックホールに吸い込まれた光はタイムマシン理論により元の場所帰る→ループ
こんな感じで宇宙は奇跡のようなバランスが保たれているのではないでしょうか?

重力とは一つに戻ろうとする力なのではないでしょうか?だから人間も引かれ合うのかしれません。

運命とは“命”を“運ぶ”ことだと思ってます。

あたりまえのことですが思ってるだけ考えてるだけじゃ何も始まりません。思いや考えを行動に移して初めて認識されます。自分を認識するには必ず他者が必要です。

行動しないなら体がある意味がなくなります。
想いを行動に移した時に真実が溢れ出るのです。
命を正しい方へ運んでみてください。

新しいことを始めたり、一歩を踏み出すのってしんどいですがやってしまえばあとは体はかってに慣れて行きます。結局大事なのは踏み出すための勇気。

踏み出す足は いつだって 始めの一歩 

/ロストマン

歩き出した迷子 足跡の始まり ここには命がある

/オンリーロンリーグローリー

迷子の足音消えた 代わりに祈りの唄を
そこで炎になるのだろう 続く者の灯火に
七色の灯火に

/ゼロ
スポンサーリンク