ロストマンが箱根駅伝のCMソングに選ばれた理由

BUMP OF CHICKENが2003年にした「ロストマン」という楽曲が2019年1月2,3日に開催の「第95回箱根駅伝」のCM曲に起用されることが決まりました。

このニュースを知ったのは寝起きだったのですが、一瞬で目が覚めるような衝撃でした。

ミスチルの桜井 和寿が“2000年代で最も印象に残った曲”とコメントしていたり、ファンや当時の若者の間では有名な曲でしたが、テレビにあまり露出しないバンプの名曲「ロストマン」が世間一般に知られることはありませんでした。

《僕らの距離を 声は泳ぎ切れるかい》という楽曲の1節がふと頭をよぎった。16年越しのタイアップ、2003年に放たれた名曲が16年の時を越えて多くの人の耳に届く時が来たのです。

Twitterでは「なぜ箱根駅伝のCM曲に選ばれたの?」、「駅伝のテーマにロストマンは合わなそう」というコメントもあがっていました。

箱根駅伝のCMソングに起用された理由として制作側はこうコメントしています。

「進み続ける人を勇気づけるような『ロストマン』の歌詞に、箱根駅伝を走る陸上選手の強く前向きな姿勢を重ね、今大会の箱根駅伝も応援したいという想いを込めました」

出典:HUFFPOST

「ロストマン」の歌詞は物語形式になっていて「自分の道を進む覚悟と勇気」が描かれており、ストーリーを通して「喪失」と「思い出」を表現した作品です。

この「自分の道を進む覚悟と勇気」と「自分の区間を走る駅伝」は見事に重なり、駅伝というドラマの主題歌としてうってつけだと思います。

制作者の「進み続ける人を勇気づける」というコメントは的を射てますね。ロストマンは力強さを感じますし、なにより希望の唄なんですよね。

選手たちは駅伝という青春の1ページを切り取って、思い出になるのでしょう。

 

スポンサーリンク
>カワラのTwitter

カワラのTwitter

ツイッターもやっております。趣味のアカウントなのでバンプ以外のこともつぶやきますがよかったらお気軽にフォローして下さると嬉しいです。