ベルの楽曲情報と歌詞の意味-友人からの一言に救われた藤原-

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「ベル」を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲の解説や歌詞の意味、制作背景などについてご紹介します。「ベル」を聴く際に参考にして下さい。


参考資料

  • ROCKIN`ON JAPAN 2002 APRIL
  • トーキンロック! 2002 MARCH
スポンサーリンク

ベルの楽曲情報

基本情報

バンプオブチキンのベル

タイトルベル
発売日2002年2月20日
作詞作曲藤原基央
完成時期2001年
収録作品jupiter(3th Album)
タイアップドラマ「天体観測」主題歌

BUMP OF CHICKENの「ベル」はアルバム『jupiter』に収録されている楽曲です。

jupiterのアルバム楽曲情報と制作背景へ

制作背景

「天体観測」のヒットを素直に喜べなかった

バンプオブチキンの天体観測のジャケット

3枚目のシングル「天体観測」が大ヒットし、BUMP OF CHICKENの名が一気に世間に知れ渡るようになります。しかし藤原は、自分達の音楽が消耗品として扱われているような感じがして、素直に喜べなかったそうです。

複雑な心境の藤原の元に友人から電話がくる

「天体観測」の大ヒットで、藤原は複雑な心境になり、音楽さえ嫌いになりそうになりました。

そんな時に友達から普通の電話が掛かってきて「元気?」と、訊ねられた藤原は「こっちの気も知らないで」と思いながらも、その呑気な一言にとても救われたようです。

このエピソードが「ベル」の歌詞にそのまま影響しています。

“ほっといてくれよ!”とか思っているくせに、いちばんほっとかれたくないと思ってるみたいな(笑)

藤原基央
出典:トーキンロック!2002 March

レコーディング

力の抜き方を覚えた藤原

「ベル」はどこか脱力感を覚えるサウンドですが、決してやる気がないわけではなく、良い意味で力が抜けていて自然体な演奏が出来ています。

音楽でもスポーツでも言えることですが、力の入り過ぎたプレイはあまりいい結果をもたらしません。「ベル」のレコーディングでは、藤原は良い意味での力の抜き方を覚えたと話しています。



ベルの歌詞の意味

歌詞の解説

「ベル」の歌詞は先述したように、実際に藤原の元に掛かってきた電話のエピソードが元になっています。

悩みを抱えた主人公と、そんな事情なんて知らない友人からの何気ない電話での「元気?」の一言に、主人公は助けを求めたいけど、それが言えないという内容になっています。

弱音を吐けない主人公

主人公は疲れているうえに、ため息をこぼすほど言葉にできない気持ちでいっぱいでした。

そんな事情を知るはずのない友人は電話で「元気?」という呑気な言葉を掛けます。当然ながら友人は、日常の挨拶を言っただけですが、主人公は勝手に友人が自分に寄り添ってくれてるような気がして、涙を流したのです。

しかし、主人公もそれはただの挨拶だということも知っているので、弱音や愚痴も零さず、泣いたことすら伝えずにいたのです

このあたりの歌詞は、ライオンがタンポポを友達だと思い込んだ「ダンデライオン」とも似たテーマになっています。

ベルで伝えたいこと

弱音の代わりに零れた涙

主人公は本当なら、友人に弱音や愚痴を零したかったのですが、それができない代わりに涙を零しています。

結局は、言葉に出来なかった気持ちが、涙となって零れて主人公は救われたという藤原基央らしいひと捻りあるラストになっています。

自分的にはね、書き終えた瞬間に救われたって感じはありましたね。「うわ、こんないい曲できちゃったよ」みたいなね(笑)

藤原基央
出典:ROCKIN`ON JAPAN 2002 APRIL

世界は受け取り方次第で変わる

誰かが挨拶で「最近どう?」と声を掛けてきたのに対し、本気で自分の愚痴や本音を話してしまった経験がある人は割と多いと思います。それは自分が相手の言葉の意味を、そう解釈したからです。

「ベル」では、友人からの「元気?」という言葉に対し、主人公は本音を伝えられませんでしたが、本当はその優しさに甘えたかったことがわかります。

「ベル」で伝えたいことは、自分の受け取りかた次第で世界は変わって見えるということです。



ベルのライブ情報

ライブでの演奏

初披露日時2016年02年11日
初披露ライブ結成20周年記念Special Live「20」@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール (千葉県)
演奏頻度
演奏されたライブ/ツアー結成20周年記念Special Live「20」

結成20周年記念ライブで初披露

「ベル」は2002年に発売されたアルバム『jupiter』の収録曲ですが、ライブで一度も演奏されることがなく、2016年2月11日の結成20周年記念Special Live「20」で14年の時を経て初披露されました。

スポンサーリンク