キャッチボールの楽曲情報と歌詞の意味-藤原と増川のやりとりから生まれた曲-

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「キャッチボール」を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲の解説や歌詞の意味、制作背景などについてご紹介します。「キャッチボール」を聴く際に参考にして下さい。


参考資料

  • ROCKIN`ON JAPAN 2002 MARCH、APRIL
  • トーキンロック!2002 March
スポンサーリンク

キャッチボールの楽曲情報

基本情報

バンプオブチキンのキャッチボール

タイトルキャッチボール
発売日2002年2月20日
作詞作曲藤原基央・増川弘明
完成時期2001年初頭
収録作品jupiter(3th Album)
タイアップ

BUMP OF CHICKENの「キャッチボール」はアルバム『jupiter』に収録されている楽曲です。この曲はバンプの中でも珍しく、藤原基央と増川弘明の共作になっています。

jupiterのアルバム楽曲情報と制作背景へ

制作背景

深夜に創作意欲を掻き立てられる二人

ギターの増川弘明が藤原基央の自宅で遊んでいる時に、二人はレディオヘッドの「ミーティング・ピープル・イズ・イージー」というドキュメンタリー映画を観ていました。

ミーティング・ピーポー・イズ・イージー/レディオヘッド

映画を観た二人は創作意欲を掻き立てられて、夜中だったにもかかわらず、午前2時から4時までスタジオを予約して作曲活動を始めました。

増川のとっておきのリフを披露

深夜に二人でリハーサルスタジオに入ると、増川は温めておいたとっておきのリフを藤原に披露しました。そのリフが後に「キャッチボール」で使われることになります。

スタジオで曲の基盤ができたので、二人はそのまま寝ずに、箱根に作曲旅行に行きました。すごい行動力ですが、やはり無理が祟って何もできずに帰って来てしまいました。

オレもそのリフがすげえ気に入ったから、そこから作ろうよみたいな話になって。その足で詞を書きに箱根に行ったんですよ

藤原基央
出典:トーキンロック!2002 March

やりとりと言う名のキャッチボール

一度「キャッチボール」の制作は中断していましたが、藤原から増川を誘い、再び二人は箱根へ作曲旅行に出かけました。

基本的に藤原が作る係で、増川は藤原が作ったものを検証する係を担当し、二人でやりとりをしながら1日で完成させました。作曲の途中にバドミントンをやったりもしたようです。

通称、カイワレコンビと呼ばれる二人の仲の良さが伺える作曲エピソードです。

関連記事

メンバー全員幼馴染で仲良しなこととしても有名なBUMP OF CHICKENですが、今回はバンプメンバー内でも特に仲の良い二人である藤原基央と増川弘明。いっしょにご飯を食べに行くのはもちろんのこと二人だけで旅行に行くなど、もはや恋人[…]

当時、藤原は作詞用に50ページ程あるノートを持ち歩いており、それを“最強ノート”と呼んでいました。上手く書けなかった時は破り捨ててるので、最終的に5ページ程しか残らないそうですが、2001年の時点で冊数がおよそ100冊にまで達していたようです。



キャッチボールの歌詞の意味

歌詞の解説

「キャッチボール」の歌詞は、最初は近い距離でキャッチボールをしていた二人が、上手くなるにつれてどんどん距離が離していく。しかし、物理的な距離は離れても、心の距離はどんどん近づいていくという物語になっています。

キャッチボール=コミュニケーション

キャッチボールの画像

「キャッチボール」は、ボールのやり取りを通して人と人のコミュニケーションを表現しています。

主人公は“とれるはずない球”ですら必死に取ろうしています。これは「キャッチボール=コミュニケーション」なので、ボールと取って相手にちゃんと返さないとキャッチボールが終わってしまうからです。

《「とれなくもいい」と微笑んで欲しくない》と思ったのも、コミュニケーションを終わらせたくないからです。時々変化球を投げて、相手を退屈にさせない計らいからも愛情を感じます。

変化球という取りにくいボールですら、取ろうとする様子からは、それだけその人と繋がっていたいという純粋な気持ちが読み取れます。

キャッチボールで伝えたいこと

キャッチボールは物理的な行為ですが、本当に二人がやっていたのはコミュニケーションという目に見えない心のやり取りだったのです。だから目に見えない《消える魔球のような優しさ》を感じたのです。

こういったコミュニケーションをテーマにした代表的な曲に「メーデー」などがあります。

関連記事

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「メーデー」を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲情報や歌詞の意味の考察、制作背景などについてご紹介します。「メーデー」を聴く際に参考にして下さい。ア[…]

バンプオブチキンのメーデーのジャケット
曲の見方を変えると・・・

「キャッチボール」はコミュニケーションの歌ですが、制作背景を知ると、藤原基央と増川弘明がイチャイチャしてる光景が浮かんでしまいます。実際、藤原は歌詞を書く時に、増川と過ごしたいろんな時間を意識して書いたようです。

詞とかも増川の大事にしてたサイド・ストーリーみたいなものが色濃く出てる

藤原基央
出典:ROCKIN`ON JAPAN 2002 APRIL



キャッチボールのライブ情報

ライブでの演奏

初披露日時2002年3月23日
初披露ライブPOKISTA21@赤坂BLITZ (東京都)
演奏頻度
演奏されたライブ/ツアー
スポンサーリンク