イノセントの楽曲情報と歌詞の意味-藤原の音楽への思い-

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「イノセント」を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲の基本情報や歌詞の意味の考察、制作背景などについてご紹介します。「イノセント」を聴く際に参考にして下さい。


参考資料

  • MUSICA 2011.01
  • ROCKIN`ON JAPAN 2011.02
  • bridge 2011.WINTER
スポンサーリンク

イノセントの楽曲情報

バンプオブチキンのイノセントの画像

タイトルイノセント(アルバム収録曲)
発売日2010年12月15日
作詞作曲藤原基央
完成時期2009年秋頃
収録アルバムCOSMONAUT(6th Album)
タイアップなし

BUMP OF CHICKENの「イノセント」はアルバム『COSMONAUT』に収録されている楽曲です。

「イノセント」とは【純粋】【無実】などを意味し、楽曲は藤原基央の音楽に対する考え方や想いについて昔から思っていることを詰め込んだ内容になっています。

アルバム『COSMONAUT』楽曲一覧へ

制作背景

藤原基央が昔から思ってることを書いた曲

「イノセント」は歌詞が先に出来て、それから曲を作っていきました。

歌詞の内容は妬みや恨みのようなものが表現されており、「レム」とも似たテイストの歌詞になっています。

「レム」の楽曲情報と歌詞の意味へ

この曲は藤原が昔から音楽について思ってることを書いたもので、このテーマをもっと早く歌うべきだったが、歌う度胸や技量が足りなかったと話しています。

今じゃなきゃ、歌い方がわからなかったし、歌う度胸とか勇気もなかったことなので

藤原基央
出典:ROCKIN`ON JAPAN 2011.02

曲順は最初の方に入る予定だった

「イノセント」はアルバム『COSMONAUT』のトラック13に収録されていますが、元々はアルバムの最初の方に入る予定でした。詳細は不明ですが、藤原はいろいろあったと話しています。

この曲は藤原の音楽に対する想いが表われた曲で、トラック1の「三ツ星カルテット」とも共通する部分があります。

レコーディング

デモのシンセ音がそのまま使用された

藤原が作ったデモ音源は、ほぼ100%の割合で本番のレコーディングの時に別な音に差し替えられます。しかしこの曲のシンセは、デモの段階で確信を持って選んだそうです。

この曲は選んだシンセの音に勝る音がなくて、デモテープのシンセがそのまま入ってます

藤原基央
出典:MUSICA 2011.01



イノセントの歌詞の意味

歌詞の内容

無邪気とは程遠い歌詞

タイトルの「イノセント」は【無実】【無邪気】な様子を意味する言葉ですが、歌詞の内容は嫉妬や妬みに溢れていて、「イノセント」という言葉からは程遠いものになっています。

しかし、その嫉妬や妬みを打ち消すように《君がどんな人でもいい》という言葉で肯定しています。

イノセントで伝えたいこと

純粋無垢な歌

歌とは自分が誰かに聴いてほしいから生まれたのではなく、歌が聴いてもらいたいという意思を持って生まれてきてると藤原は考えています。

“歌”っていう意思があって、“歌”っていう、活動してる、生命体と言っちゃってもいいと思いますよ。そいつが意思を持っていて、聴いてもらいたいと

藤原基央
出典:bridge 2011.WINTER

あなたがどんな人でもいい

この曲で伝えたいことは、あなたがどんなに酷い人でも、あなたに聴いてもうらう為に生まれた歌は裏切らない。それほど歌は純粋で無垢(イノセント)なものだと歌っています。

藤原の自身のコラム「Fujiki」(ふじき)第35回にて、読者から「バンプを聴いてる人に冗談抜きで良い人しかいないと思いませんか?」と質問が届きました。

これに対し藤原はこう答えています(以下は要約した内容です)

「悪い人がいないなんて思いません。あなたがもし自分を悪い人だと思っても曲を聴いてほしいです。アンタの善悪なんてどうでもいい。僕に必要なのは“良い人”ではなく“聴いてくれる人”です」

藤原基央
出典:Fujiki第35回

藤原基央の変わらぬ想い

この発言を見ると、今も昔も藤原の音楽に対する想いや考え方は変わっていないようです。「このテーマをもっと早く歌うべきだった」と話しているのも頷けます。

「イノセント」は藤原基央の音楽に対する考え方や、リスナーに対する想いが詰め込まれた楽曲になっています。



イノセントのライブ情報

ライブでの演奏

初披露日時2011年12月05日
初披露ライブGOOD GLIDER TOUR@SHIBUYA-AX (東京都)
演奏頻度
演奏されたライブ/ツアーGOOD GLIDER TOUR 2011-2012
GOLD GLIDER TOUR 2012

ライブ映像が収録されている作品

収録作品備考
ゴールドグライダーツアーのジャケット
GOLD GLIDER TOUR 2012
本編12曲目に収録。
スポンサーリンク