【BUMP】Stage of the groundの公式情報と歌詞の意味-歌詞に隠れた名前-

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「Stage of the ground」(ステージオブザグラウンド)を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲の解説や歌詞の意味、制作背景などについてご紹介します。「Stage of the ground」を聴く際に参考にして下さい。


参考資料

  • トーキンロック! 2002 March
  • ROCKIN`ON JAPAN 2002 APRIL
スポンサーリンク

BUMP OF CHICKEN「Stage of the ground」の公式情報

BUMP OF CHICKEN「Stage of the ground」の基本情報

バンプオブチキンのステージオブザグラウンド

タイトルStage of the ground
発売日2002年2月20日
作詞作曲藤原基央
完成時期2001年
収録作品jupiter(3th Album)
タイアップドラマ「天体観測」主題歌

BUMP OF CHICKENの「Stage of the ground」(ステージオブザグラウンド)はアルバム『jupiter』に収録されている楽曲です。

この曲にはバンプの共通の友人であるスタッフと、その子供へのメッセージが込められています。

BUMP OF CHICKEN「jupiter」のアルバム楽曲情報と制作背景へ

「Stage of the ground」の制作背景

バンプ共通の友人とその子供へ贈られた曲

バンプ・オブ・チキンの共通の友達がいて、まあバンプのスタッフでもあるんだけど、その人に息子が生まれたんですよ。その人の息子の名前が、漢字4文字で構成されてんですよ。珍しいっすよね。

で、漢字4文字を全部入れたかったの、俺は、詞の中に。バンプからのプレゼントっていうか、うん

藤原基央
ROCKIN`ON JAPAN 2002 APRIL

「Stage of the ground」はバンプ共通の友人に贈られた唄です。その友人というのはスタッフのことで、おそらくプロデューサーのMOR氏である可能性が高いと思われます。

インタビューで度々、MOR氏に子供がいることを発言しており、当時はプロデューサーではなくトイズファクトリーの社員でした。

その友人に男の子が生まれたので歌詞の中にその子供の名前に使われている漢字4文字を散りばめ、バンプからのプレゼントという意味を込めて作詞されました。また子供だけでなく、その友人に向けたメッセージも入っています。

直井は歌詞を見てすぐに仕掛けに気付いたそうです。

※詳細は【歌詞の意味】の項目で紹介します。

普遍的な歌詞にアレンジ

内輪な話からできた楽曲ですが、もちろん藤原はそういうプライベートな内容ではCDに収録できないと思い、歌詞を普遍的なものへアレンジしました。

作曲に関しては藤原がレコーディング中の空き時間に、スタジオに置いてあったグランドピアノで遊んでいたらできたそうです。

「Stage of the ground」のタイトルの意味

stage of the groundに込めた意味

タイトルを直訳すると「地面のステージ」という意味になります、これはライブでのステージと客席は地続きという意味を込めてつけられました。

ライブではどうしても演奏者であるバンプオブチキンが主役みたいな風に思われがちですが、お客さんあってこその自分たちで、ライブ中に拳や声で返してくれるお客さんがとてもカッコよく見えて、ステージと客席との間に差はないという一人一人が主役なんだという想いが込められています。

「Stage of the ground」のレコーディング

チャマはジャズを表現したかった

俺が“天体観測”でイメージしたのはテクノだし、“Stage of the ground”で表現したかったのはジャズっていうね、ほんとダッサい、できるはずもないことをやろうとした、今風にかじりつこうとしたのは、なんかちょっとビートに出てるかなっていう

直井由文
ROCKIN`ON JAPAN 2002 APRIL

ベースのチャマはこの楽曲のベースラインでジャズを表現しようとしていたそうです。ハルジオンはパンクにしたくないという想いがあって、チャマもバンプのベーシストそしていろいろ試みてるようです。



小ネタ

羽生結弦選手のジャージ

フィギュアスケート選手の羽生結弦はバンプのファンであることを公言している有名人の一人ですが、実は「stage of the ground」とも関係があるんです。

画像:さくらえびのブログより引用

羽生結弦選手の着ているジャージの腰の部分に英語で文字が書いてあるのがわかります。

“You’ve made it this far, be proud of it”(ここまで来たんだよって胸張って)

 “Your path lay in all 360 degrees”(360°全て道なんだ)

なんと「stage of the ground」の英訳された文字がプリントされていたのです。羽生選手はBUMP OF CHICKENの楽曲を全部歌えるくらいの大ファンで、心の支えになった曲が「夢の飼い主」だと発言しています。

羽生結弦選手が金メダルを取った際はバンプのメンバーが「おめでとうございます」とコメントしていました。

Stage of the groundのMV情報

出典:Stage of the groundのPVより

監督番場秀一
撮影場所‣ロケ地
出演BUMP OF CHICKEN
収録作品「jupiter」DVD or VHS

「Stage of the ground」のMV(PV)は、メンバーの力強い演奏に加え、ステージを組み立てるシーンも入っており、ドキュメンタリー風の映像になっています。



BUMP OF CHICKEN「Stage of the ground」の歌詞の意味

「Stage of the ground」の歌詞に隠れたメッセージ

子供の名前は?

友人であるスタッフの子供の名前が、歌詞に隠れているということですが、その箇所は「那由多」、「夏の日」、「未来永劫」、「宇宙」の4つの言葉の中に1文字ずつ隠れています。

※バンプの友人のお子さんのプライバシーに関わるのでこれ以上書きませんが、名前がわかった方も本人に迷惑が掛からないように節度を守るようにお願いします。

“那由多”、“夏の日”、“未来永劫”、“宇宙”の4つの言葉。その中にその子の名前の漢字がひとつずつ入っているという

藤原基央
出典:トーキンロック!2002 March

友人へ向けたメッセージ

この曲には、友人のお子さんの名前だけでなく、その友人本人へのメッセージも入っています。

それは《「優しくなりたいと願う」君は誰よりも 優しい人》《強さを求められる君が 弱くても 唄ってくれるよ》の部分です。



Stage of the groundで伝えたいこと

一人一人が人生の主人公

自分を中心に世界が周っているのか?それともそれとも世界が周っていて、自分はその一部に過ぎないのか?

自分の世界は、自分の見たものや経験したことの積み重ねで創られていきます。なので、自分の世界は自分を中心に世界が周っています。この考えは「Hello,world!」のインタビューでも藤原が話していました。

Hello,world!の楽曲情報と歌詞の意味へ

「Stage of the  ground」は直訳で“地面のステージ”という意味ですが、これは私たち一人一人は地球上のどの位置に居ても、自分の人生と言う舞台の主人公であることを伝えています。

だからどれだけ不器用な生き方でも、胸を張って生きて欲しいという願いが込められていると思います。



BUMP OF CHICKEN「Stage of the ground」のライブ情報

「Stage of the ground」のライブ演奏記録

初披露日時2002年03月23日 (土)
初披露ライブPOKISTA21@赤坂BLITZ (東京都)
演奏頻度
演奏されたライブ/ツアー

「Stage of the ground」のライブ映像が収録されている作品

収録作品備考

RAY
初回限定盤に付属のDVDに収録。

WILLPOLIS 2014
本編1曲目に収録。

 

スポンサーリンク
>カワラのTwitter

カワラのTwitter

ツイッターもやっております。趣味のアカウントなのでバンプ以外のこともつぶやきますがよかったらお気軽にフォローして下さると嬉しいです。