【BUMP】時空かくれんぼの公式情報と歌詞の意味

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「時空かくれんぼ」を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲情報や歌詞の意味の考察、制作背景などについてご紹介します。「時空かくれんぼ」を聴く際に参考にして下さい。

BUMP OF CHICKENのアルバム『orbital period』楽曲一覧へ

スポンサーリンク

BUMP OF CHICKEN「時空かくれんぼ」の楽曲情報

時空かくれんぼの基本情報

バンプオブチキンの時空かくれんぼの画像

タイトル時空かくれんぼ(アルバム収録曲)
発売日2007年12月19日
作詞作曲藤原基央
完成時期不明
収録アルバムorbital period(5th Album)
タイアップなし

BUMP OF CHICKENの「時空かくれんぼ」はバンプのアルバム『orbital period』に収録されている楽曲です。

時空かくれんぼの制作背景

「時空かくれんぼ」は藤原が「8分の6拍子をやってみたい」と思ったことがきっかけで作られました。実際の曲はそれを感じさせないビート感に仕上がっています。

曲の中で歌われているかくれんぼは「自分と他人」の場合もあるし「自分と自分」の場合もあると話しています。《君》についても、もう一人の自分かもしれないし、他者かもしれないし、そのあたりの解釈は好きなもので構わないとも言っています。

キーワードは“隠れたほうがもういいかい?”と言っている所だそうです。

一人称や時間軸が目まぐるしく交錯していますが、書いた藤原の中では一本筋が通っていると話しています。



BUMP OF CHICKEN「時空かくれんぼ」の歌詞の意味

時空かくれんぼの歌詞の内容

安心と不安が無くなることはない

安心すると 不安になるね

「時空かくれんぼ」/BUMP OF CHICKEN

藤原基央は、人間にとって絶対的な安心はないと考えています。

一度、安心を手にすれば今度はそれ失うかもしれないという不安が生まれ、また安心を望みます。私たちはこの“安心と不安のループ”から永遠に抜け出すことはできません。

人間には生きようとする本能があるので、安心を望まずにはいらないんですよね。失うかもしれないと不安になることは弱さでも恥ずかしいことでもなくて生き物として当然の現象なのです。

安心すれば不安になるのってきっと感情的なことではなくてただの現象、事実なんですよ

藤原基央
出典:SOL

ずっと探す側のかくれんぼ

最初にかくれんぼに参加しているのは「過去の自分」と「今の自分」の二人で「君」は参加していません。なぜなら「君」を未来の果てに置いてしまったからですね。

未来から目を背ける主人公

2番の歌詞では絶望して楽になってます。それは希望を手にしなければ再び絶望を味わうことはないからです。だから絶望という傘を広げて未来からの希望の光を防いでいたのです。

「君」は夢や希望などの未来を象徴するもので、「僕」はそこから目を逸らして隠れることにした。だから「過去の自分」(隠れた方)と「今の自分」(探す方)でかくれんぼを始めた。

しかし安心や希望を求めることは人間の本能です。なので探していたものは夢や希望を求めている“自分の本音”だったんですね。

ずっと繰り返すかくれんぼ

本音に見つかりたくない僕は「もういいかい?」と叫ぶ過去の自分から目を背けて、「まぁだだよ」という言い訳をしている。自分の本音が隠れる場所は自分の中だから、見つけようとすれば見つけられます。

でも見つけた今の自分が隠れる方になり時間の経過で過去になれば今度はまた今の自分が見つけ出して延々と過去と今の自分のかくれんぼは続きます。

つまり主人公は、先送りする言い訳を探して延々と今を繰り返している。このループを抜け出すには未来に目を向ける以外方法はありません


「君」は誰なのか?

君を見つけて 君に隠すよ ずっと探さなくてもいいかくれんぼ

「時空かくれんぼ」

君に隠すとはどういう意味なのでしょう?

君とは夢や希望などの未来を象徴するものと言いました。

未来の中に隠すということは、探しに行けなくなることを意味します。あとは時間の経過で、その未来が今になるまで待たなくていけません。

これはタイムカプセルを埋めることに似ているかもしれません。

埋めた場所はわかっているけど、未来がやってくるまでカプセルの中身と出会うことできない。自分の夢もここにあるとわかっていてもそれを掘り起こすことができるのは未来の自分だけです。

「君=夢」を見つけて、それを未来に託して(隠して)、会いに行く。見つけるだけで終わってはダメなんです、ちゃんと会いに行ってあげなきゃ行けないんです。

時空かくれんぼという行為について歌っている

歌詞の中ではほとんど自分の内側での話ですが、最終的には「会いに行く」という外に向かって行ってるのがわかります。

ほんとにややこしい歌詞ですが藤原さんは「時空かくれんぼという行為について歌ってます」としか言いようがないと話しています。

“僕は《君》がなんなのかとか、《ちゃんと言わなきゃ》って何をよ?って思うんですけど。もうそれしかないんです”

藤原基央
出典:ROCK‘IN ON JAPAN 2008.02



BUMP OF CHICKEN「時空かくれんぼ」のライブ情報

「時空かくれんぼ」のライブ演奏記録

初披露日時初披露ライブ演奏頻度
2008年1月10日ホームシック衛星@Zepp Tokyo (東京都)

「時空かくれんぼ」のライブ映像が収録されている作品

現在、「時空かくれんぼ」が収録されている映像作品はありません。

スポンサーリンク